法話会

ひかりの教室開催 死の時間軸から見る 自分らしい生き方・逝き方 

ひかりの教室開催 死の時間軸から見る 自分らしい生き方・逝き方 

講師に僧侶であり、看護師の玉置妙憂先生をお招きして、「死の時間軸から見る 自分らしい生き方・逝き方」をお話しいただきました。

人は誰しも、いつかは死を迎えるのですが、実は、「死の予兆は三ヶ月前から現れてくるのです!」という先生の多くの経験から、まずは死の時間軸を基点として、そこから自分らしい生き方、逝き方を一緒に考えてみましょうというお話しを頂き、家族を看取られた方々が先生のお話を聞きながら、深い頷きと思いを語られていました。誰しもが死を経験するわけですが、健康なうちから先生のお話を聞いて、自分自身のこと、大切な方のことを思い描いてみることはとっても大切なことだと思いました。