年間法要

令和2年度 眞敬寺 報恩講厳修

令和2年度 眞敬寺 報恩講厳修

本日、親知らず🦷の抜歯をしました。
むか〜し下顎の抜歯をした時にはリスみたいにほっぺが腫れ、ロキソニンを飲み続けた経験から、今日は決死の覚悟で臨みましたが、「上顎はたいした事ないから!」の先生の言葉どおり、美人歯科助手さんの笑顔のおかげもあってかスムーズに抜いて貰えました。
英語で親知らずを『wisdom tooth(知恵の歯)』と言うそうで、それは『大人になって物事の分別がつくようになった頃に生える歯』からだからそうです。
親知らずのように、私の小賢しい分別を抜くことはできませんが、小賢しい自分であることを、分別を超えた世界に出遇えとの呼声を、本年の報恩講法要にて聞かせていただきました。